ごあいさつ

人間、愛嬌だべっ!!

president

  創業当時

約10年間、個人でトラック運転手をやりながら、コツコツと貯めた資金を元に運送業を開業しました。
順風満帆のスタート…というわけにはいきませんでした。
開業の際、トラック販売の営業マンについついうまく乗せられて、5台のトラックを購入し、自ずと運転手もトラックと同じ人数を雇うことになりました。
そこからが大変な苦労でした。
5台分の仕事はないし、仕事が入ってくるメドも全くないのです。
そのときは、自分のあまりの調子のよさを後悔しました。が、独立したからには落ち込んでいるだけではいられません。
それから、工場・倉庫・運送会社に自ら飛び込みで営業にまわりました。くる日もくる日もまわりました。

ある日のことです。何度も通ったある工場の責任者の方が、「一度、スポットでよければやってみるか?この仕事。君の愛嬌に負けたよ」と言ってくれるではありませんか。
今では、この会社からは定期的に仕事も頂戴し、わが社の「愛嬌全快ドライバー」たちを可愛がっていただいています。

また、「人間、愛嬌だべっ!!」のメッセージは、こちらのホームページから多くのお客様にも伝わり、映画(海猿、おっぱいバレー)制作の為の荷物運びのお仕事を頂いたりと、小野寺商事を未来へと導いてくれております。

多少の無理を「できない」で断るのではなく、とにかくなんとか荷主さんのご希望にお応えできるよう、「人間愛嬌だべ」の合言葉をもとに最善の努力をお約束いたします。
当社の地元・茨城県境町では圏央道の開通に伴い、インターチェンジもオープンする予定で、楽しみにしています。
小野寺商事は開業のころと変わらない「夢」と「希望」と「愛嬌」を武器にお客さまの期待に応えられる運送会社を目指し続けます。

株式会社 小野寺商事  代表取締役社長
sign